LINFINITYについて

ブロックチェーン、モノのインターネットとビッグデータ技術に基づく信頼性の高い分散型ビジネスプラットフォームとして、LINFINITYは、信頼できるデータ、透明な情報、効率的な業務提携、相互接続されたネットワークを作り上げることによって、企業ユーザの実務の難点と開発ニーズに対処する。 現在、我々が直面する大きな問題の一つとしては、サプライチェーン・ネットワークの透明性を達成し難いので、サプライチェーンに関わる原材料と製品の品質と健全性を確保することが難しいことである。サプライチェーンが長くて複雑になればなるほど、摩擦コスト、データコスト、責任の欠如、過失乃至偽造と詐欺が発生する可能性が高くなる。大体において、現在グローバルなサプライチェーンは、遅くて効率が低く、各プロセスに、望ましくない不透明性を伴い、結果として、サプライチェーンは、さまざまな側面で、企業ユーザーを困惑させている。
ブロックチェーン技術分野における 技術革命、更にLINFINITYにより、食品、タバコ、衣類、医薬品などの分野に分布しているフォーチュン誌のグローバル500企業に対する研究開発と製品実施チームのサービス経験を持って、 LINFINITYはこれらの現状の問題を解決し、それに加えて、相談サービスと情報化ソリューションの研究開発と実施などのサービスを含む実際的経験に基いて現在の情報化ソリューションを繰り返して更新することによって、これらを、一層多い業界の顧客及び異業界顧客に拡張することを目指す。その上、当社は、LFTトークンと結び付く業務エコシステムを改善することによって、一層安全で信頼性の高い新規業務提携モデルの下で、より多くの新規利息配分モデルを開発する;これは、システム参加者の意欲にきちんと合致する。その結果、これは、上流及び末端小売チャネルにおけるすべてのサプライヤー、製造業者と物流サービス・プロバイダーに利益を齎す;これと同時に、LINFINITYのサプライチェーンのエコシステムにおいて透明性、自動決済と総合効率の向上を促進する。



LINFINITY 応用シナリオ

ブロックチェーンの実際応用事例から、ブロックチェインの技術適用としては、強い集中化と信頼性が存在していない環境にも適用可能であることが分かる;その上、問題解決の際に、現在の市場と法律の環境を統合して、実際の要求に応じて解決すべきであることが分かる。しかし、ビッグデータ取引では、まだ多くの問題と難点が存在している。ブロックチェーンの特性によって保証される確実性と信頼性を持って、ビッグデータ、IoTとスマートな分析を組み合わせることによって、複数のビジネス・シナリオを実施することで、これらの問題点を解決するプロセスにおいて企業に価値をもたらすことができる。 その結果、LINFINITYは、複数のプラットフォームを被覆する。サプライ・チェーン情報追跡プラットフォームは、商品、製品と原材料が有効的な追跡性を有することを保証する;これと同時に、凝集性ユーザー認証システムを有しているので、各ユーザと各サプライ・チェーンの各段階を認証することによって、詐欺行為を避ける。同じ方式で、LINFINITY'のTQM(全社的良質経営)と電子貯蔵・検証プラットフォームは作動する。ブロックチェーンのスマートなモノのインターネットとビッグデータ・プラットフォームにより、企業は分散した市場において、関連データを交換し、計算することができる;これで、企業ユーザーのために、ビッグデータを扱う為の安全的且つ効率的な手段を提供する。基本的な枠組みの側面において、IPFSの為に、現在研究開発を実施している;これと同時に、DApps及び関連プロトコルも提供している。

  • LINFINITYのサプライ・チェーン情報 追跡プラットフォーム

  • LINFINITYのTQM(全社的良質経営) と電子貯蔵・検証プラット

  • LINFINITYにおけるブロックチェーンの スマ ートなモノのインターネットと ビッグデータ・プラットフォーム

LFT トークンの配給

  • 10%

    エンジェル投資家

  • 15%

    運営チーム

  • 40%

    コミュニティ

  • 30%

    ビジネス生態系

  • 5%

    抜け穴賞金


取引所

以下の取引所に公開されています

ロードマップ

2019 Q3(第三四半期)

スマートデータ・プラットフォームの実施達成。蓄積されたビジネスユーザー、データ及びAI関連のリアルタイム分析技術を利用して企業データの価値をさらに向上すること。ブロックチェーンに基づく共有と激励仕組みを介して、各企業が、強化された安全レベルの下で資源を共有し、且つ、ビジネス生態系の応用を拡大することを激励すること。

2019 Q1(第一四半期)

Linfinityブロックチェーン+IOT主プラットフォームの実施を達成すること。IoTスマート・ゲートウェイ、アプリ及び中心ビグデータ監督プラットフォームの資源蓄積を持って、 Linfinityの現行チームは、ブロックチェーン構造を融合することによって、企業に、クラスタされたクラウドとブロックチェーンを配置すること。特に、機能性と信頼性が高く、耐タンパ性の高いサービス保証を考慮すること。

2018 Q4(第四四半期)

TQC(全社的良質経営)を実現し、ブロックチェーンの電子証拠プラットフォームを達成し、当社の企業ユーザ(特に小売会社、食品業界の企業と製薬会社)にデータの権限を授与。さらに、サプライチェーン内のさまざまな事業体の相互信頼仕組みと伝導効率を大幅に向上すること。

2018 Q3(第三四半期)

ブロックチェーン2.0において、現行のLinfinityサプライチェーン追跡/偽造防止機能を正常に組み込み、これと同時にビジネス事業体に導入すること。SaaSの方法でビジネスを収益化し、それに加えて、蓄積された末端ユーザを通じて、スマート・データへの販促の基礎を固めること。現行のソリューションとプラットフォームを持って、Linfinityは、タバコと中国酒から、製薬会社までの様々な事業体との業務提携意欲を確認すること。

2018 Q2(第二四半期)

Linfinity白書の公表とLinfinityサービス・プラットフォームの試運転。その上、世界的に有名な企業との業務提携交渉の開始。

2018 Q1(第一四半期)

Linfinityにおける技術チームと幅広い基金構造の確立。Linfinityブロックチェーン・プロジェクトの開始。

白書

linfinity whitepaper白書はpdfファイルを閲覧する下ボタンをクリックして下さい。
MORE